Top > ドミニオン

ドミニオン
HTML ConvertTime 0.149 sec.

ゲームモード | デュエル | ブロウル | ドミニオン | ブリーチ | アーケード | トリビュート | スカーミッシュ | エリミネーション | ランクデュエル | ランクドミニオン


ドミニオン Edit

ドミニオン.jpg

モディファイア
ゲームスコア1000
タイマー20分
武具特典有効
名声通常
反撃有効
戦技クールダウン通常
ダメージ通常
蘇生有効
リスポーン速度通常
レーダー無効
スタンスウィジェットオン

ドミニオンでは、プレイヤー4人による2つのチームが戦場の制圧を目指して戦う
各チームは、敵を倒して目標を支配するとポイントを獲得する
チームが1000ポイントを獲得すると、敵チームが崩壊する
崩壊したチームのヒーローを全員倒すと、ゲームに勝利する


ドミニオンのマップには3つの目標がある
支配ゾーン2つと前線1つだ
敵がいない支配ゾーンに立てば制圧できる
ゾーンに敵がいると、争奪状態になる
敵を全員倒せばゾーンを制圧できる
制圧したゾーンは時間経過と共にポイントが発生する
制圧したゾーンに留まると、獲得ポイントが増える
制圧したゾーンは、支配しているチームにゾーンポイントをもたらす
別のチームがゾーンを奪うと、ゾーンポイントも奪われる
ヒーローを倒して名声を得ると、戦技が解除される
適切に戦技を使ってチームを引っ張れ


前線は異なる種類の目標だ
両チームの兵士は前線で戦う
前線を押し返し、敵兵を一定数倒して支配せよ
前線を支配するとチームにポイントが与えられ、時間経過によってポイントが発生する
新しい敵が到着すると兵士は押し返されてしまう。援護して押し戻せ


チームが1000ポイントを獲得すると、敵チームが崩壊する
崩壊したチームのヒーローはリスポーンできなくなる
崩壊した敵のヒーローを倒すと勝利する
崩壊したチームは、ゾーンを再制圧してゾーンポイントを一定数奪うと奮起する
チームが奮起すると、死んだヒーローが戻ってリスポーンが再開する


ドミニオンは、戦闘スキル、マップに関する知見と状況判断力、チームの協力が重要だ
1000ポイントを獲得し、崩壊した敵を倒し、戦場を制圧せよ
 -ゲームモードビデオ ドミニオン入門編より-

スコア Edit

  • ポイントの種類
    ポイントには「ソフトポイント」「ハードポイント」の二種類が存在します。ハードポイントは一度獲得すると失われませんが、ソフトポイントはゾーンの支配を奪われると失ってしまいます。自軍がソフトポイントを失いスコアの合計が1000以下になった場合、敵軍の「崩壊」は解除されてしまいます。
  • ポイント
    ソフトポイント
    ゾーンAを支配する100ポイント
    ゾーンBを支配する100ポイント
    ゾーンCを支配する100ポイント
    ハードポイント
    敵プレイヤーを殺害する5ポイント
    兵士を殺害する1ポイント
    支配ゾーンを支配している1ポイント/秒
    前線を支配している1ポイント/0.75秒
    支配ゾーンをブーストしている2ポイント/秒
    キルストリーク''(相手ヒーローの連続キル)
    4人:ヒロイック(英雄的)3 ポイント
    5人:ブラッドサースティ(血の渇き)5 ポイント
    6人:アンストッパブル(阻止不可能)7 ポイント
    7人:レジェンダリー(伝説的)9 ポイント
    8人:ゴッドライク(戦神)10 ポイント

ゾーン Edit

  • 支配とブースト
    各ゾーンはヒーローが制圧すると支配状態に移行します。
    兵士のいないゾーンでは支配時にヒーローがゾーンに留まるとブースト状態となり、毎秒獲得できるハードポイントが1から2へと上昇します。
    ただし複数人のヒーローがゾーンにとどまっていても獲得ハードポイントが3や4になることはありません。
    また、ブースト時にヒーローは回復します。
  • 前線
    前線とはマップの中央に配置されている兵士同士が争っているゾーンであり、前線を支配するには自軍兵士がゾーン内に居てかつ、相手兵士がいない状態にあること。
    相手側に支配されている場合、支配の元になっている並んでる兵士を全て倒す必要がある。後から来る兵士を倒してもすぐには支配が解けない。(いずれ数の差で倒されるが
    兵士を倒すと1ポイント、ハードポイントとして入る。他のゾーンをブーストするより来る兵士を倒した方がポイントの獲得量が多い。(2か所ブーストされると負ける。)
    兵士のリスポーンには波があり、時おり人数が多い事がある。このため、ノータッチだと押し返されたりすることがある。
  • 争奪状態
    双方チームのヒーローがゾーン内に同時に存在する場合、ゾーンは争奪状態へと移行します。ゾーン内の敵を全滅させるとゾーンが支配状態に移行します。
    争奪中はポイントの増加が止まります。積極的に相手陣に入り、スコアの増加を防ぎましょう。逆に守るときはできるだけ陣地の外で捕まえましょう。
  • 勝つためにはどこに行くべきか?
    倒されてしまってリスポーンする事は少なくありません。最優先はリベンジではなく相手のスコアを止める事に集中しましょう
    この際、2人も3人もいる拠点を取り返そうと思ってはいけません。必ずどこかが手薄になってます。手薄な所に向かうのは一つの選択肢です。
    一人で突っ込まず、味方と同時に突っ込む、味方を救援する事も考えましょう。少し待って味方と同時にリスポーンするのも非常に有効な手です。
    全てのゾーンを取られ、ポイントが50対600でもまだ逆転できます。諦めずに勝つための立ち回りをしましょう。前線以外は争奪でスコアが止まります。

名声 Edit

  • 戦技の解除
    名声を貯めることでより高レベルな戦技を使用可能になります。各ヒーローの戦技の種類は各ヒーローのページを参照ください。
  • 名声の獲得方法
    敵兵やヒーローを殺害したり、ゾーンを支配する事で名声を得る事が出来ますが、使用しているヒーローのタイプにはより名声が得られるアクションが設定されています。
  • ヒーロータイプと名声の関係
    ヒーロータイプによって名声を効率的に獲得できる行動が設定されている。
    ヴァンガード - 兵士を殺害する・ゾーンを制圧する・味方を蘇生する
    アサシン - ヒーローをテイクダウン・ゾーンを争奪状態にする・キルストリークを重ねる
    ヘビー - ヒーローのテイクダウンをアシストする・ゾーンを防衛する・ゾーンをブーストする
    ハイブリッド - アクティビティ間でバランスが取れている
    名声システムの詳細はこちら

ドミニオン案内 Edit

ドミニオンは刻々と変化する状況に応じて臨機応変に対応することが勝利への道です。
役に立ちそうな事をまとめてみました。
戦闘能力に自信がなくても考えて動けば勝利に貢献することができます。
筆者の個人的な考えのため異なる意見もあるかと思いますが、ドミニオンの入口、ご意見のたたき台として参考になればと思います。
なお、この案内は2018年7月の環境からスタートし環境の変化に合わせての修正を予定しています。

  • ポイント獲得(ゾーンの支配)を意識する
    ドミニオンの勝利条件は1000ポイントを獲得し敵軍を崩壊状態にしたあと殲滅することです。
    まずポイントを生み出すゾーンを支配しポイント獲得ペースが敵軍を上回ること目指しましょう。
    ドミニオンでの効果的な動きはこの勝利条件に貢献できる動きとなります。
    基本は2ゾーンを支配しポイント獲得ペースで相手を上回る状態を維持することです。
    3ゾーン支配した場合もその状態に固執せず他の支配下ゾーンに注意を払いましょう。

序盤 Edit

  • 開幕時の動き方
    開幕時の戦闘結果でその後の動き方は大きく変わってきます。
    ここで勝った方が試合を有利に進めますが巻き返しは十分可能です。
    マップはゾーンの配置によって大きく2つに分けられます。
    縦型マップ:ゾーンが攻撃側、防衛側スタート位置から見て縦(斜め)に並んでいる
    横型マップ:ゾーンが攻撃側、防衛側スタート位置から見て横に並んでいる
    • 縦型マップの開幕時
      両軍、スタート位置から近いゾーンを支配し中央のミニオンゾーンで衝突、というのが基本的な流れです。
      まずは4人で近いゾーンを支配した後に揃って中央へ移動も悪くはありませんが、敵軍はスタートから中央のミニオンゾーンに数名進出しゾーン支配に動いているかもしれません。
      この場合、ゾーン支配数が1:2となりポイント獲得量で劣勢となります。
      これを防ぐためには、こちらもスタートから中央のミニオンゾーンに進出する必要があります。
      味方の動き、使用ヒーローの特性(ミニオン狩りしやすい等)を考慮して判断しましょう。
      スタート位置から近いゾーンを確保したヒーローは中央の援護に向かうのが基本です。
      しかし、敵軍アサシン等の足の速いヒーローがマップを大きく迂回し自軍支配ゾーンに侵入する可能性があります。(裏どり)
      1人は自軍支配ゾーンに残り、警戒する必要があるかもしれません。
      ただし、この場合は敵軍が中央に4人来た場合に自軍は数的不利状況となります。
      また、自軍のアサシンが裏取りに動いてる場合もあります。
      その状況で何が効果的な動き方なのか考えて動きましょう。
    • 横型マップの開幕時
      縦型マップと異なり、まず支配すべきゾーンははっきりとしていません。
      3ゾーン支配に散らばる、2ゾーン支配に分かれる、1ゾーン支配に集中する。
      ゾーン配置以外のマップの特徴やプレイヤーの考え方で動き方は様々です。
      判断できない場合は単独行動より味方と一緒に動きましょう。
      また、使用ヒーローによっては戦いやすい地形のゾーンがあります。
      それを考慮して動き方を決めても良いかもしれません。
      例:高台の要塞Cゾーンは落下による環境キルしやすい地形となっておりウォーロード(崩しから長い距離を運搬できる)が強い
      その状況で何が効果的な動き方なのか考えて動きましょう。

  • 集団行動の功罪
    常に3~4人で固まって動く(通称:スカミ戦法、デスボール)は狭いマップで非常に有効です。
    しかし、無人の支配ゾーンを奪われ続け、テイクダウンで勝っていてもポイント負けで敗北することがあります。(特に広いマップ)
    効果的に集合し、効果的に散りましょう。
    また、これに対抗する方法として、数を揃えて押し返す、散らばることによって相手を引き離すことなどが考えられます。

  • 全体状況の把握、リスポーン後の動き方
    味方の援護に行く、敵ゾーンに向かう、支配ゾーンの防衛(ブースト)に向かう、味方のリスポーンを待つ。
    敵味方の動向を予測、ポイント状況を把握し判断しましょう。
    スコアボードで敵味方の生存状況、画面右上でゾーンの支配状況や敵味方のブースト状況が確認でき状況判断に役立ちます。
    リスポーンして数的不利な味方の援護や固まっている敵に突撃し死んでしまうことを繰り返すのが一番悪い動き方です。
    時には数的不利な味方の援護に向かわず、ゾーン支配(防衛)に向かうことも必要です。
    ポイント.jpg
    A(点滅):攻撃チーム(赤)と防衛チーム(青)の両チームのヒーローがゾーンに滞在して争奪中
    B(+1):防衛チーム(青)が支配している
    C(+2):ゾーンを支配してるチームのヒーローが滞在しブースト中


  • 数的有利(枚数有利)での動き方
    数的有利とは限定した範囲内で味方の人数が敵の人数より多い状態です。
    リスポーン待ちの敵味方がいない場合、その場所が数的有利ならばそれ以外の場所で数的不利になっている可能性があります。
    すみやかに敵を倒し、他の援護やゾーンの支配(防衛)に回りましょう。
    また、3対1などの数的有利は敵に対して味方が多すぎる場合があります。
    そう感じた場合は味方に任せて他にまわりましょう。
    注意点として、1対2、1対3などで数的不利に比例して不利側は極端に反撃ゲージが貯まりやすくなります。
    安易に強攻撃やタックルを連発するのは相手の反撃ゲージを貯め、逆に敵の排除が遅くなります。
    数的有利側は協力してガードや回避できない状況を作り出すことが必要です。
    これを一般的に合わせ攻撃といいます。
    代表的な合わせ攻撃は次のようなやり方があります。(例は2対1)
  • 1人が崩しで相手を止める、それに合わせてもう1人が強攻撃(またはダメージの高い攻撃)
    強攻撃(またはダメージの高い攻撃)に崩しを合わせるのも可
  • 相手を拘束する技(その間ガード・回避不能)で拘束し、その間に攻撃を重ねる
    守護鬼の抱擁、ロウブリンガーのロングアーム、レイダーのダッシュタックルなどが代表的な拘束技

 その他にも色々な合わせ攻撃のやり方があります。
 熟練プレイヤーに教えてもらうか、身をもって体験し学習しましょう。
 基本は1人が敵の動きを阻害し、その他がダメージの高い攻撃を重ねることです。

  • 数的不利(枚数不利)での動き方
    数的不利とは限定した範囲内で味方の人数が敵の人数より少ない状態です。
    リスポーン待ちの敵味方がいない場合、その場所が数的不利ならば、それ以外の場所で数的有利になっている可能性があります。
    この状況でこちらより多い敵を殲滅できるのならばそれが1番良い動き方です。
    落下、棘などの環境キルを狙うのも数的不利を覆す手段です。
    また、1対2で1人倒して自分も倒れる。というのは良い結果ではありません。
    残った敵に蘇生され名声などを獲得されます。
    殲滅できない場合は数的不利状況を長引かせることを考えましょう。
    すぐに死んでしまうことが1番悪い状態です。
    長引かせている間に別の場所で数的有利を有効活用していたり、味方の援護がくることも期待されます。
    相手の合わせ攻撃を受けないような立ち位置の調整(移動、ステップ、ステップ攻撃、ローリング等)、敵ヒーロータイプによるロック対象の選択(ガード不能攻撃やタックルがなく、攻撃が非常に速い大蛇はロック外においた方が対処しやすい等)、パリィなどを利用して数的不利を長引かせましょう。
    反撃ゲージが貯まった場合、攻勢に出るもよし、反撃を発動せず敵に警戒させるもよしです。
    熟練プレイヤーに教えてもらうか、身をもって体験し学習しましょう。

  • 戦場全体の数的有利・不利
    限定した範囲ではなく、戦場全体でも数的有利・不利な状況は発生します。
    自軍のリスポーン待ちの人数<敵軍のリスポーン待ちの人数=数的有利
    自軍のリスポーン待ちの人数>敵軍のリスポーン待ちの人数=数的不利
    リスポーン待ちからリスポーンしてゾーン又は戦闘場所に移動する時間、そのヒーローは試合に参加していません。
    数的有利側はその時間を最大限活用し、ゾーン支配(ブースト)、敵の殲滅、体力の回復などに動き、優位な体制を構築しましょう。
    数的不利側はその時間での戦況悪化を最大限食い止めるべく敵の動きを妨害しましょう。
    敵味方の生存状況はスコアボードで確認できます。
    また、敵を処刑するとリスポーン時間にペナルティが加算されます。
    余裕がある場合は積極的に処刑を入れましょう。

  • 数的同数での動き方(1対1を除く)
    数的同数とは限定した範囲内で味方の人数が敵の人数と同じ状態です。
    リスポーン待ちの敵味方がいない場合、その場所が数的同数ならばそれ以外の場所でも数的同数になっている可能性があります。
    この戦いの勝敗が次の流れを決めるでしょう。
    処刑が入っていない限り勝ち残った方は全員蘇生し、戦場全体の大きな数的不利が発生するためです。
    数的同数戦は3対3の場合は1対1×3でデュエルを行い、味方が全員勝てれば理想です。
    全力で対面の敵に勝利しましょう。
    しかし、ドミニオンはデュエルモードではありませんので違う戦い方もできます。
    まずは自分が倒されないことで自軍が数的不利となるのを防ぎましょう。
    その間に味方が1対1に勝ち、こちらが数的有利になるかもしれません。
    次に戦いながら周囲を観察することで多くの選択肢が生まれます。
    敵味方のヒーローと対面の敵の相性による対面相手の変更、確定攻撃が入りそうならそれに合わせる(邪魔する)、拘束技に合わせる(邪魔する)、味方の攻撃を確定に変える、ロックオンターゲット変更で敵の不意をつくなどが例として挙げられます。
    同数戦であっても瞬間的に1対2や2対1などの状況が発生します。
    熟練プレイヤーに教えてもらうか、身をもって体験し学習しましょう。

中盤 Edit

  • 中盤の動き方
    中盤、特に敵との大きなポイント差がない中盤は各プレイヤーの考え方で動きに違いがでやすいところです。
    様々な状況が想定されるため詳細は省きますが、基本的にはポイント獲得状況、ゾーン支配状況、戦場全体の数的状況を意識した動きが必要です。
    ポイント有利な状況を維持するのか、さらに進めるか。
    戦場が数的不利なときにどこで踏みとどまるか。
    時には一時的にゾーン支配状況が不利になっても味方の援護に動く必要があるかもしれません。
    可能性の高い動き方はあっても100%正解な動き方はありません。
    戦場の情報を把握及び展開を予想し、自分で選択して結果を振り返りましょう。

  • 全ゾーンを支配された時の動き方
    味方が全滅・半壊し全ゾーンを支配された、非常に悪い状況です。
    ここからの巻き返し方はいくつかあげられます。
    まずリスポーンタイミングを合わせましょう。
    敵軍がどのような防衛体制を作っているかをできるだけ把握しましょう。
    自軍側ゾーンに何名いるのか、敵軍側ゾーンに防衛はいるかなど、これらの情報により成功率の高い巻き返し作戦を選択しましょう。
    味方がリスポーンしていない間に焦って単独行動して各個撃破され続けると巻き返しの可能性が下がります。
  • 縦型マップ
    縦型マップの場合は自軍リスポーン位置から近いゾーン付近に敵が多く滞在し、蓋をされた状態になります。
    横型マップより巻き返しの難易度は高いです。
    • 自軍側ゾーンに全ての人数揃えて投入する
      まずは1ゾーンの確保を目的として人数をかけるやり方です。
      自軍側ゾーンに敵の防衛人数が少ないときに成功率が高いでしょう。
      敵軍は罠などの迎撃態勢、有利な地形の利用、ポイント獲得有利なため戦闘を維持する立ち回りをしてきます。
      また、この戦いで負けたり時間を掛けすぎるとかなりのポイント差が発生します。
  • 敵軍側ゾーンと自軍側ゾーンに分かれる
    1人が先行してマップを迂回、敵軍側ゾーンを支配し残りは自軍側ゾーンに攻め入る。
    敵軍側ゾーンに防衛がいない場合に取りやすいやり方です。
    敵軍側ゾーン支配、自軍側ゾーン内に入ればポイント獲得が止まり、大きなポイント差が発生しにくくなります。
    先行する1人は1対1の強さ、1対多の耐久力が求められます。
  • 自軍側ゾーンを一旦放棄、敵軍側ゾーンとミニオンゾーンに分かれる
    1人が先行してマップを迂回、敵軍側ゾーンを支配し残りはミニオンゾーンに攻め入る。
    ミニオンゾーンを攻める場合、敵を倒すよりもミニオンを倒し早期のゾーン支配、または中立化を行いましょう。
    ミニオン狩り効率の良い戦技などを利用しましょう。
    目論見通り敵軍側ゾーンとミニオンゾーンを支配できればゾーン支配数は2:1でポイント獲得で有利に立てます。
    少なくとも敵軍側ゾーンを争奪中、ミニオンゾーンを中立化できえれば大きなポイント差は発生しにくくなります。
    これを防ぐために自軍側ゾーン防衛にいる敵はミニオンゾーンに出る、敵軍側ゾーンを奪還・防衛するためにも人数を分ける必要があります。
  • 横型マップ
    横型の場合、リスポーン位置から蓋をされる状態になりにくく縦型マップよりも巻き返しの難易度は低いでしょう。
    まずは敵軍の防衛が少ないゾーンを奪還しましょう。
    その際に敵防衛の多いゾーンや、奪還したいゾーンとそのゾーンの援護・防衛(奪還)しようと移動する敵ルート上に味方が滞在し敵を引き付けておくとより効果的でしょう。
    引き付け役はすぐに倒されない戦い方をしましょう。

 押し込んだ敵軍もこれらの動きを阻止すべく動くでしょう。
 しかし、3ゾーンの支配を維持するのは難しく、奪還側はどこかで同数または数的有利を作れます。(リスポーンを合わせることが必要)
 最終的には同数戦で勝つ、味方が数的不利で耐えている間に他の場所で数的有利を生かして早期に敵を排除するなどチームとしての連携が必要です。


終盤(崩壊時) Edit

  • 敵軍が崩壊状態になったら
    自軍のポイントが1000を越え、敵軍が崩壊に入った場合も攻め急がず、よく状況を観察しましょう。
  • ハードポイントだけで1000未満
    支配ゾーンを奪われると崩壊が解除される可能性があります。
    まずは崩壊解除されることを阻止しましょう。
  • ハードポイントだけで1000以上
    崩壊解除の危険性はないので敵を1人づつ確実に倒しましょう。
    その場合は蘇生阻止のため処刑を入れるのがベストです。
  • 自軍が崩壊状態になったら
    敵軍のポイントが1000以上となり、自軍が崩壊に入った場合は崩壊解除に動きましょう。
    ただし無理して倒されると崩壊が解除されない限りリスポーンできません。
    勝負所を見極めましょう。
    敵支配ゾーンを奪っても崩壊解除の可能性がなかったり、ゾーンをしっかり防衛されていて返り討ちにあいそうな場合は全員集合し1ゾーンに立てこもる方法もあります。
    敵軍の攻め方と自軍のポイント次第では逆転できる可能性も十分あります。

その他 Edit

  • ヒーローの特徴
    各ヒーローにはヒーロータイプ(ヴァンガード、ヘビー、アサシン、ハイブリッド)以外にも特徴があります。
    ミニオン狩りの効率が良いムーブ・戦技、足が速い、耐久力がある、数的不利に強い・弱い、1対1に強い・弱い、1発のダメージが高い、投げ距離が長い、強力な拘束技を持っているなど。
    自分や味方のヒーローは何が得意で何が不得意なのかを把握してドミニオンでの動き方に活用しましょう。
    自軍のヒーロー構成や戦場の展開によっては不得意なことをしなければならない時もあります。
    ※シーズン7パッチでミニオン狩りに有用だった戦技「光あれ」はダメージ0となりミニオンを倒せなくなりました。
    特徴は海外コミュニティにおいてYear3シーズン3時点では下表のように評価されています。
    https://docs.google.com/spreadsheets/d/1GrDRm_2w-2bjt9vw0Jowd2xNzOJDDBH_MAXWbStzA_w/edit#gid=911689894
    Y3S4doyu.jpg
    Mid ミニオンレーンの支配を維持するヒーロー
    Side Point サイド地点の制圧および確保において最も強力なヒーロー
    Ganker 味方と協力して単独の敵を速やかにキルできるヒーロー
    Roaming マップを駆け回って必要に応じて援助を行うヒーロー

  • 戦場となるマップの把握
    各マップにはゾーンの配置以外にも特徴があります。
    意外な落下攻撃ができる場所、ゾーンへの経路、地形による有利ヒーロー、ゾーン間の距離、環境キルの場所など。
    カスタムマッチの1人ドミニオンでじっくり確認してみましょう。
    ドミニオンのマップについてはここにまとめてあります。それぞれのマップのリンク先で、マップの特徴やそれに応じた立ち回りを解説していきます。※現在編集中


  • ゾーンブーストの意味
    支配ゾーンのブーストは支配ゾーンからのポイント獲得を通常1秒1ポイントから1秒2ポイントとします。
    常にブーストを行えばポイント獲得量で優位に立てることが多いでしょう。
    ブーストしているヒーローは敵の裏取りへの防衛、傷ついた味方の回復場所の確保や回復している間の交代要員にもなります。
    しかし、敵がゾーンに攻めてこない限りブーストしている間は他の場所が数的不利になっているとも考えられます。
    戦況の変化や自軍全体でそれを意識した動きができているかによってはブーストで動かないことがマイナスに働く場合もあるでしょう。
    ブーストするヒーローは流れを見た対応を求められます。
    ミニオンゾーンはブーストできないかわりに他のゾーンのポイント獲得1秒1ポイントに対して0.75秒1ポイントと早くなっています。
    また、ミニオンを倒すことでも追加ポイントが獲得できます。


  • 戦技
    各ヒーローの戦技はとても強力なものが多いです。
    ドミニオンでは敵より早く名声を獲得し、戦技を開放することにより戦況を有利にします。
    ヒーロータイプにより効果的な名声獲得の方法は異なりますので名声の項目をご確認ください。
    敵の戦技状況を把握しておくのも重要です。
    敵をロックするとHPバーの下に開放されている戦技が小さく表示されています。
    また、スコアボードのスコアである程度推測することもできます。
    特に第4戦技は戦況を覆す可能性を秘めているものが多数あります。
    終盤に一定範囲に大ダメージを与える第4戦技での大逆転もよくあるため、味方同士で固まりすぎないようにしましょう。
    第4戦技は種類にもよりますが1試合に1回、開放が早くても2~3回程度しか使えません。
    無駄にしないよう使いどころを考えましょう。

  • 反撃
    反撃シールドHP120、攻撃力30%アップ、行動を阻止されない、パリィ・投げでのダウン、発動時のパリィ判定など反撃は非常に強力なシステムです。
    効果的に利用しましょう。
    • 反撃蓄積の仕組み
      反撃ゲージは1対多の状況で弱攻撃、強攻撃、ヒーローの固有ムーブ、ダメージのないタックル系攻撃(コンカラーのシールドバッシュ等)を受ける・ガードすること、敵の攻撃を回避すること、パリィ、崩しを受けること・返すことで蓄積します。
      1対多と判定される状況は複数の敵から間を置かず攻撃行動を受けることです。
      その判定の間、さらに攻撃行動を受けることで反撃ゲージが蓄積されます。
      また、1対多の判定は数秒で解除されます。
      基本的に蓄積量はその攻撃に付与されているダメージに比例します。
      これは攻撃ダメージを実際に受けたときではなく、ガードしてもダメージを受けた時と同じ程度蓄積します。
      例外としてダメージのないタックル系と崩しは強攻撃相当のダメージと判定されます。
      おおまかな目安として反撃ゲージ蓄積量は弱=攻撃回避<<強=タックル系=崩しとなります。
      パリィした場合は通常のダメージに比例した蓄積量+パリィ成功ボーナスがあるようです。
      1対2、1対3と数的不利の方は不利になるほど蓄積量が増える補正がかかります。
      逆に数的有利の方は蓄積されません。
      コンカラーのシールドバッシュは次に弱攻撃しか確定しませんが、弱+強相当の反撃が蓄積されます。
      では、数的有利でシールドバッシュは使用を控えるべきかというと、タックル系を利用した合わせの手法がありますので使えないわけではありません。
  • 反撃ゲージがたまった場合
    この場合は攻勢にでるのが基本です。
    相手の攻撃に反撃発動を合わせダウンさせてからの攻撃、行動の阻止不能を利用した攻撃など利用方法は色々あります。
    あえて反撃を発動さずに戦うのも有効な方法です。
    敵をロックオンしている限り、反撃ゲージは減少しません。
  • 反撃ゲージをためられた場合
    前述のように反撃ゲージがたまったまま戦われるのは非常にやり辛くなります。
    この場合は攻撃に反撃を合わせられないように発動させましょう。
    強攻撃をキャンセルすることでパリィ判定狙いの反撃発動を促す、などのやり方があります。
    また一部の拘束技は拘束中に反撃の発動ができませんのでこの間に倒し切りましょう。
    敵が反撃を発動した場合、基本的にはこちらが攻撃するメリットはありません。
    反撃が終わるまで防御に徹するか距離を取りましょう。(反撃持続は約7秒)
    たとえ数的有利の状況であっても反撃シールドHP120の壁は厚く、数的有利だからと下手に手を出すと反撃終了時には敵の実HPは無傷でこちらだけ傷を負っている、という結果になることも多いです。
    環境キルを狙える場合や反撃シールドHP120+実HPを削り切れる合わせ攻撃ができる場合はこの限りではありません。


  • 味方の確定攻撃を止めない、敵の確定攻撃を止める
    敵に崩しが入ると次の強攻撃(上または横)が必ず入る。(レイダー、ハイランダー除く)
    このような必中攻撃を確定攻撃といいます。
    この確定攻撃は敵に対して崩しを入れた後、次の強攻撃を入れる前に外部から敵に攻撃を入れてしまうと確定しなくなります。
    確定攻撃を行う味方に攻撃をあててしまった場合も味方の攻撃を阻害し確定しなくなります。
    外部から入る攻撃が弱攻撃の場合、大きいダメージが入るはずが小さいダメージに変わってしまったり、まったく攻撃が入らなくなります。
    味方の確定攻撃の邪魔をしないようにしましょう。
    外部から手を出すタイミングは確定の強攻撃が入ったあとに入る攻撃です。
    また、ヒーロー特有の確定攻撃が数多くあります。
    wikiのヒーローページや確定攻撃などで確認しておきましょう。
    逆に味方が敵の確定攻撃の受けそうなときにどうするか。
    敵に攻撃を入れることで確定攻撃を阻止できます。
    その際、弱攻撃などの出の早い攻撃の方がやりやすいでしょう。

  • 複数戦のテクニック
    複数戦にはデュエルとは違った戦い方があります。
    基本はこちら→集団戦
    その他のテクニックをいくつか紹介しておきます。
  • 数的不利での立ち位置
    完璧なタイミングの合わせ攻撃は回避不可能です。
    複数の敵の攻撃範囲内にいない立ち位置を考えましょう。
    理想としては敵・敵・自分と一直線になるような立ち位置です。
    同時に攻撃を受けることを防ぎ、疑似的なデュエル状態となります。
    地形などを利用することも考えましょう。
  • 数的有利での立ち位置
    合わせ攻撃を行うためには全ての味方が敵を攻撃範囲内にとらえていることが必要です。
    理想としては味方・敵・自分と一直線で挟み込む立ち位置です。
    敵が味方をロックオンしている場合、自分の姿は見えなくなります。
    また、後ろからの攻撃は敵に表示される攻撃インジケーターが左右にちらつきやすくガードが困難になります。
  • 全方位ガード・パリィ
    味方2対敵1の状況で味方が敵の右側、自分が敵の左側に同じタイミングで攻撃を入れる。
    この結果、敵のガードは1方向しかできないため、1人の攻撃がガードされても他の攻撃が入る。わけではありません。
    画面上でも確認できますがガード方向を示すインジケーターを見ると1つの攻撃をガードした瞬間から少しの間、全方位にガードのインジケーターが表示されます。
    この間に別方向からガード可能な攻撃を入れてもガードされるため注意しましょう。
    同様にパリィについても1つの攻撃がパリィされている間に別のパリィ可能な攻撃が来た場合はパリィされます。


  • 攻める戦い、守る戦い
    1対1、同数対同数、1対多数、すべての戦闘に勝つのが理想です。
    自信がある場合は積極的に攻めて敵を倒しましょう。
    しかし、目前の敵に必ず勝つ必要がない戦闘があります。
    例として2ゾーンを支配している状況での敵支配ゾーン内やゾーンと関係がない場所での戦闘などがあげられます。
    敵支配ゾーンに入っている間はゾーン争奪中となり敵軍にポイントは発生しません。
    ゾーンと関係がない場所で戦っている限りその敵はゾーンに絡む動きができなくなります。
    そのためこの戦闘を維持しているだけでポイント獲得で有利となり、必ず勝つ必要はありません。
    逆に敵にこのような意図が見えた場合、早期決着、早期離脱、応援要請など、早急な判断が必要です。
    ドミニオンの勝利条件はポイントを獲得することです。
    攻めるか守るか、冷静に判断しましょう。

  • ミニオンの利用
    ミニオンの攻撃ダメージは極小ですが敵ミニオン集団の中に入ると無視できないダメージを受けます。
    また、敵ミニオンの攻撃が受けると動作不能時間が発生します。
    この時間中は敵ヒーローの攻撃に対してガード、パリィ等の反応ができません。
    これを利用するため、自軍ミニオンラインより下がり敵を自軍ミニオンの中に誘い込みましょう。
    敵の防御を難しくすることができます。
    逆に敵ミニオン集団の中で戦うことは極力さけましょう。
    しかし、ミニオンゾーンの支配を取る・守るために前に出たい状況もよくあります。
    前に出る場合はこのリスクを理解しておきましょう。


  • 最後に
    敵味方のピック(ヒーロー編成)、戦う場所の選び方、ヒーロー相性による戦う相手の調整(マッチアップ)、地形の利用、引き際が大事など、まだまだ気をつけるべき点はあります。
    ここにまとめた悪い動き方が結果として正解な状況もありますので試行錯誤しながら戦ってみましょう。
    野良チームの場合、意思疎通が難しいですが対パーティーに勝てることもあります。

ドミニオンマップ Edit

画像クリックで各解説ページへ移動。

映像 Edit

コメント Edit

Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • S レイダー 将軍 
    A+ BP 剣聖 
    A 守護 コンカ ハイラン シャーマン バサカ
    B+ ウォロ オデン 少林 忍
    B グラディ ヴァル 野武士 天地 ヌクシア
    C 鰤 PK 荒武者 センチ
    D 大蛇 -- 2019-03-01 (金) 13:14:07
    • コンカはSで大蛇はBでPKはDじゃね? -- 2019-03-01 (金) 23:15:39
      • コンカはタイマン以外はSランクには到底及ばないし、崩し拘束あって戦技もマシなPKのほうが大蛇より上だから妥当でしょ -- 2019-03-03 (日) 08:11:03
    • レイダーの日大タックル弱体されたらますます将軍が輝いちゃうな -- 2019-03-03 (日) 00:53:59
  • マジで攻撃範囲広いヒーローは横攻撃しないで欲しいわ、チュリオのコンボ邪魔されてしゃーない -- 2019-03-03 (日) 03:43:27
  • 反撃の仕様変更でデュエル強いキャラはドミでもかなり強くなったね -- 2019-03-12 (火) 00:57:59
    • BPとコンカあたり?囲むなら賢くやらないとですね -- 2019-03-12 (火) 08:51:21
  • マッチングの定義を公表して欲しいわ。本来なら信望とK/D比を考慮するべきだろうが全くその感じがしない。それならPTとマッチ組ませてもまだ許せる。そうしたらPTでマッチしなくなるのは分かるがマッチングの幅がザル過ぎる。さっきの相手なんてガチPT全員信望150~250でトータル800程、こっちは野良4人足しても100未満。もちろん糞試合にも以下の結果。いくらなんでもマッチングさせる意味が無い。 -- 2019-04-22 (月) 21:26:11
  • ゾーン取られてるのにプレイヤーと戦わず延々とミニオンだけ狩り続けてる奴がいたわ。確かにミニオンはポイントになるかもしれんが戦力不足で全部のゾーン取られてたら本末転倒だろ・・・ -- 2019-05-12 (日) 14:49:58
  • 将軍の登場や剣聖レイダーのリワークで糞ゲー化が加速してるな。やる前からメンツの構成で勝敗も分かるし一方的な展開が増えた気もする -- 2019-05-13 (月) 22:33:49
  • 初心者の自分があんまり変わらない信望の人たちとのチームになってるのに相手が100台とか200台とかで構成されて試合として成り立たない事多いね。このゲームってマッチングのバランス悪くて楽しさ垣間見る事もなく蹂躙されるだけでイマイチなのね。上手い人たちが悪い訳じゃないからマッチングシステムが悪くて上手い人たちもそれじゃ燃えないというか楽しめないよね。練習して上達しても今度は自分が初心者狩る様なゲームになっちゃうからもう少し幅を狭めたら良いのに人口少なくてそれも出来ないゲームなのかなぁ -- 2019-05-21 (火) 01:11:29
  • 最近3人で1人を延々と殴り続けてる光景をよく見るのですが、あれって意味あります?他のゾーンとか取られてんのに、みんなして1カ所に集まるもんだからポイントが全く増えないで、そのまま負けるパターンがめっちゃ多い気がする -- 2019-09-02 (月) 19:33:03
    • 状況によってはあるだろうけど、いたずらに敵の反撃溜めるわ、味方の確定潰すわ、その間に他の拠点獲られるわで基本的に悪手だゾ -- ? 2019-09-02 (月) 20:20:17
  • おでんで相手にも勝てないのでずっとAブーストしてたら味方に名指しでBに来いって言われたんだが、Aには一向に相手がやって来ないので拠点内でほとんど微動だにしていない、相手はBに戦力を集中して味方二人はBが取られてからリスポン手前まで敵二人から三人に攻められるまで始終ずっとAからみてたが味方がしびれを切らしたかのようにチャット打ってきた、Cは白の状態で維持していたが味方のBPが粘って取ってた、キルデスはこっちの方が断然悪かったが試合には勝った、リスポン近くまで攻められる前にBに行くべきだったか悩んだがどうするべきだったのか -- 2019-09-14 (土) 00:30:14
  • 複数戦での戦い方を考えれば考えるほど「いかにロックオン外の敵に攻撃するか」とか「いかに相手をはめ殺すか」みたいな戦術が最適解過ぎて嫌になってきた。 -- 2019-12-26 (木) 20:40:17
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White