Top > 小ネタ・テクニック

小ネタ・テクニック
HTML ConvertTime 0.040 sec.

戦闘で優位に立てるちょっとしたネタや効果的なテクニックについてのページ。
ヒーローによっては必須のものもある。

攻撃編 Edit

ディレイ Edit

連続するムーブをボタンを連打して最速で入力するのではなく、遅れて入力することでタイミングをずらせる。
パリィを取られやすいヴァルキリーやレイダーの弱攻撃などには特に効果的で一気に対処しづらくなる。

転倒した相手を処刑 Edit

主にスタミナ切れの相手を掴んで投げたとき、相手は転倒する。これは大抵の強力な攻撃が確定する非常に有利な状態なのだが普通に攻撃しても敵はそのまま力尽きてしまい、処刑できない。しかし起き上がる瞬間に強攻撃を当てることで攻撃を確定させつつ処刑が可能になる。タイミングが限られており難しいが、ハイランダーの丸太投げからのバロールマイトは自然とこのタイミングで攻撃が確定するようになっているため、参考にするといい。

ミニオンたちの活用 Edit

主にドミニオンに登場するミニオン(雑魚兵士)たちは大したダメージも受けないし一撃で倒せる非常に脆弱な存在だが、敵を味方ミニオンたちの中にとらえた状態で戦うと意外と活躍してくれる。
大したダメージでないとはいえ体力を減らしてくれたりミニオンの攻撃をガードすれば一瞬だが硬直する。崩しをミニオンに吸われたりパリィしようとした瞬間にミニオンの攻撃で妨害されてそのまま敵の攻撃を受けたりもする。
敵がこのことに気づいていてミニオンたちの中に侵入しようしないと場合でも、時間稼ぎにはなる。当然だが戦技の死体の量産を持っている敵は体力を回復することができるため注意。

ロック切替を利用した攻撃 Edit

デフォルト設定ではL2押し込みで敵をロックオンできます。
L2を素早く離して再度押し込むと近くにいる別の敵にロックオンを切替できます。
連続したチェーン中にロック切替を行うことでチェーンの継続が可能です。
これを利用し、弱(敵1)→弱(敵2)→強(敵1)というようにチェーンを複数の敵に散らすことができます。

攻撃範囲を利用したロック外への攻撃 Edit

ヒーローの攻撃はロック対象だけではなく、横や後ろにも当たり判定のある攻撃が多数あります。
剣聖の横強、野武士の範囲、レイダーのレイダーフュリーや多くの強攻撃などが代表的です。
これを利用しロック対象だけではなく、周囲の敵を巻き込んだ攻撃が可能です。
ただし、味方にも当たる場合があるため、味方の確定攻撃を潰してしまわないように注意しましょう。

ロックシステムを利用したパリィ不可攻撃 Edit

ガード不能の広範囲攻撃を持つヒーローが使うと効果的なテクニック。
複数の敵味方が入り乱れているとき、ロックされている相手にしかパリィされないことを利用して、攻撃が届かない位置にいる敵(もしくがこちらに注意を向けていない敵)をロックして攻撃を繰り出す。すると、パリィされずに攻撃を繰り出すことができる。攻撃範囲が広ければ自分の近くにいる敵を巻き込んで攻撃することができる。
さらにこれがガード不能攻撃であればステップ、もしくは距離を取ることでしか対応できない攻撃になる。自分がロックされているかをとっさに判断するのはなかなかに難しく、多くのプレイヤーは反射的にパリィ不可の攻撃をパリィしようとして攻撃を受ける。
特にレイダーのチェーン中のレイダーフュリーなどは高ダメージ、特大の攻撃範囲、パリィ不可、ガード不能攻撃のためステップ回避(ローリング)しかできない、という非常に強力な攻撃になります。

移動攻撃 Edit

回避攻撃のことではない。
初段の弱、強攻撃に限り左右や後ろに移動するよう入力しながら攻撃することで立ち位置を変えながら攻撃を繰り出せる。後ろへの移動攻撃は引き攻撃(引き弱)などと呼ばれることが多い。
左右の移動攻撃は相手を崩した時などに壁際や危険な場所に追い込むように使うと効果的。
後ろへの移動攻撃は距離によるが最初の攻撃をスカすことができるため、ブロックやパリーで邪魔されずに二段目の攻撃を繰り出せる。特にハイランダーの下がり弱→オフェンシブフォームへ移行が効果的。

落下攻撃成功による落下ダメージ無効の利用法 Edit

落下攻撃が成功した場合ダメージを受けないが、これはミニオンでも有効。陣屋の橋の上からB地点へショートカットするといった使い方ができる。

防御編 Edit

キャンセル仕込みパリィ Edit

敵の攻撃をパリィしようとするときにフェイントを警戒して強攻撃を入力すると同時にあらかじめキャンセルしておく。パリィ狙いの強攻撃をパリィされるといった事態を防ぐことができる。非常に基本的なテクニックでもある。
ただしキャンセルの前の強攻撃の出がかりに相手の崩しが入ってしまうことがあるため注意。

範囲仕込みパリィ Edit

範囲攻撃を入力してパリィを行う防御方法。
パリィの入力が強、範囲攻撃の入力が強+弱だが判定の優先順位が「パリィ>範囲攻撃」なので攻撃が来ればパリィ、フェイントをされると範囲攻撃が出る。
範囲攻撃が速いキャラなら防御能力の堅いカウンター攻撃になる。

罠の回避 Edit

特にヴァイキング勢力に顕著な罠系戦技(マヒの罠、熊の罠)だが,罠の効果範囲に入ってから効果が発動するまでの間に回避やローリングで範囲外に脱出することで罠の効果を受けずに無効化できる。
ただし事前に罠を発見しておかなければ回避は難しいため足元には気を付けよう。

連打で行う崩し返しのデメリット Edit

相手が崩しを繰り出し、自分に崩しのマークが出たあたりで崩しを入力することで崩し返しとなり崩しを抜けることができる。これを相手が崩しを出したのを認識次第、崩しボタンを連打していると余分にスタミナを消費することがある。
単入力による崩し返しのタイミングが早すぎてももう一度崩しを行うなり連打で抜けることはできるが余分にスタミナを消費してしまう。適切なタイミングでの崩し返しを心がけよう。

戦技編 Edit

罠の隠し方 Edit

罠は罠の回避にもあるように認識さえできれば回避は十分に可能であるため、発見されないように隠す必要がある。

  • 梯子を上り切った先に設置する。
    上ってくる敵からは見えず回避もできない。また複数の敵が連続で登ってきている際は、一人目が罠に引っかかることで梯子を上っている最中の二人目も罠にかかる。攻撃を受けた判定になるため落下させることができる。
  • オブジェクトに埋め込む。
    古典的な方法だがfor honorでも有効。階段などに設置すれば埋め込むことができるため視認不可能となる。
  • 物陰に隠す。
    敵がやってくると予想される方向から見て見えない位置に設置する。実質的な効果範囲は小さくなるが、平地でもほぼ不可視の罠を設置できる。
    特に曲がり角の内回りは移動時間短縮のために通るプレイヤーが多いので狙い目である。
  • ミニオンたちに紛れ込ませる。
    わらわらと集まっているミニオンの集団に紛れ込ませておけば発見は困難。敵が目の前で引っかからずとも制圧を遅らせることができる。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • 空ロックパリィ不可って今も出来るっけ? -- 2018-04-13 (金) 17:22:09
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White